2008年04月23日

如何でもよい事だが、しかし・・・

「前の電車は車内が混雑していますので遅れています」

これは、ある私鉄での車内放送だった。

日本語の曖昧さが気になった。
しかし、言わんとすることは、分かる。それなら、それでよい筈。

でも、これを例えば、英語にしたらどうなるだろうか?と思った。
そのまま直訳したら、分かり難いだろうと感じた。
   
   前の電車の車内が混雑しているというのは、
   乗っている人が通常よりは多いということ。
   無論、駅で降りた人がいただろうが、
   それよりも乗った人のほうが多い。
   そして、乗り降りする人が多ければ、普通よりは時間がかかる。
   当然、電車は予定より遅れる。
   従って、後続の電車も遅れる。

くどい言い回しだが、事柄はこういうことなのだろう。

これを、簡単に分かりやすく英語で表現するには、
車内放送の表現に、ある程度言葉を補足するとか、思い切って
表現を変えるとかする必要があるように思った。

内容によっては、日本語をそのまま英語に直訳したら、
全く意味が通じない、或いは誤解を招きかねない。
異文化間のコミュニケーションでは、そんなことがよく起こるらしい。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。