2007年09月30日

ししゃもー本場の旬ーに代用品が・・・

ししゃも(柳葉魚)は、世界中でも北海道太平洋沿岸の一部でしか
獲れない希少品と聞きました。日本固有の魚ということです。

先日、スーパーで、<ししゃも>が並べてありました。
包装の裏をみると、原産地アイスランドと表示されていました。

これは代用品で、カペリン(英名、和名:カラフトシシャモ)
といい、同じキュウリオ科の魚ですが、川には遡らないそうです。
アイスランドの他ノルウェー、カナダ北東岸などにも分布している
とのことです。

産卵のために川に遡る直前のメスのししゃもは、
子持ちししゃもとして珍重され、本場の旬の味をもたらします。
その風味は、代用品の到底及ぶところではありません。

代用品を、<ししゃも><子持ちししゃも>と本物そっくりに
表示されると混乱します。
原産地をみて区別するより他はないでしょう。
尤も、目が肥えた人なら見ただけで判別するのでしょうが・・・

聞くところによると、<ししゃも>といっても90%近くが
輸入品、即ち代用品だそうですから、本物の<ししゃも>には、
なかなかお目にかかれないと言えるでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58017531

この記事へのトラックバック


Excerpt: シシャモシシャモ(柳葉魚) ''Spirinchus lanceolatus'' は、キュウリウオ目キュウリウオ科に属する魚類|魚。食用とされる。世界中でも北海道南部の太平洋沿岸の一部でしか獲れない。..
Weblog: なまら倶楽部
Tracked: 2007-10-07 14:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。