2007年04月15日

PAC3公開、理解を深めよう

最新鋭の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)が13日に
航空自衛隊入間基地で報道関係者に公開されました。
安倍首相も視察しました。

北からの脅威、それに対する防衛。
我々は、真剣に考えなければならないでしょう。

報道記事からだけでは、ああそうか、と言った程度で終わって
しまうような感じがします。

理解を深めるための一助として
航空自衛隊入間基地のホームページを見てみましょう。
次の表示をクリックしてみてください。

  高射隊、いざという時のために

入間基地のホームページでは、パトリオットではなくて
ペトリオットとなっています。
この記事へのコメント
<高射隊、いざという時のために> に
でている<ペトリオット>は、PAC2 と
思われます。
「射程距離が長い」という説明から判断
しました。

PAC2 は、百数十 km
PAC3 は、15km とも 20km とも
いわれています。
Posted by kunyー投稿者 at 2007年04月16日 11:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38756171

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。