2011年01月17日

メモリ4GB はすごい!

昨年半ばに、PCを新しく買い足した。

そのメモリは4GB、HDDが500GB。

全く快適、違和感がなく気持ちがよい。


8年ほどの間愛用しているPCは、メモリが僅か512KB。

使えるのだが、電源を入れたあと20分ぐらいは、もたもたする。

その間は、セキュリティ・ソフトが動いていているらしい。

最近のセキュリティ・ソフトは、結構のメモリなので、512KBの相当部分を使っているらしい。

そのためか、たとえば、IEの画面やメールの画面など、表示されない。苛々してくる。

これが、買い足した理由である。


古いPCは、IEに結なげなければ、起動は速いし、文書作成等には、何の支障もない。

二台を適当に使い分けて、今は、快適なPCライフを楽しんでいる。


(追)

昨年末に、古いPC用に、無線子機を買って、IEを使えるようにした。

二台同時に起動させて、最初は新しいPCを使っていれば、そのうちに古いPCも動くようになる。

二台でインターネットを表示することで、一台ではできない活用の仕方があることを、体験している。

2011年01月10日

天皇陛下の誕生日にクリントン米国務長官がお祝いの言葉を

米国務省のホームページを見ていたら、昨年12月23日の天皇陛下の誕生日に際し、

クリントン米国務長官が、お祝いの言葉を述べている記事があった。

 オバマ大統領、アメリカ国民と共に、天皇陛下77歳の誕生日に当たり、

 心からお祝いを申し上げます。

 2010年は、日米同盟50周年に当たり、21世紀においても、両国のパートナーシップは

 強力で、その重要性に変わりはない、ということを確認しました。

 両国にとって、世界経済の回復、地球温暖化対策、核拡散防止といった共通目標を達成することは

 きわめて重要です。

 両国のパートナーシップは、太平洋地域における米国の関与にとって長期にわたり要となって

 います。

 私は、日本を訪れる都度、両国の友好関係を再認識し、両国の絆を強化する新たな機会を感じて

 うれしく思っています。

 天皇陛下には、すばらしい誕生日でありますよう、そして、日本国民にとって、来年も平和と繁栄

 の年でありますよう、願っております。

大体、このような内容のものと理解している。(日本語に訳したものではない)

2011年01月02日

外交と軍事 素人が歯にきぬ着せぬ極言を・・・

昨年一年を振り返って、痛感したことの一つに

    外交と軍事の重要性

がある。全くの素人が、率直に極言する。


  均整のとれた外交・軍事なくして、経済の成長は達成できない。

  経済の成長なくして、国民生活の向上は期待できない。

  外交・軍事の両部門と、政府を構成する他の諸部門とは、一体となって互いに連携を保ちつつ、

  協調し合って、機能していくことが必要であろう。

  これを、より高い次元で総合/包括していくのが、政治であると言えないだろうか?

  言い換えれば、

  国民生活の向上は、究極のところ、強力な政治力による均整のとれた外交・軍事によって

  もたらされる。


通常は、防衛とか国防、あるいは、安全保障とでも言うところを、幅広く捉えて、軍事とした。

繰り返す。あくまでも、素人の極言であることを。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。